ホーム > 裁判資料 > 虚偽告訴等罪

虚偽告訴等罪

Wikipedia

虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、嘘の被害で告訴する行為を内容とする。告訴だけでなく虚偽の告発や、処罰を求めての申告も含む。

刑法172条、保護法益は「国家の審判作用の適正」と「私生活の平穏」、法定刑は「3月以上10年以下の懲役」、未必の故意でも虚偽告訴罪が成立する可能性がある。

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

YouTubeTwitternoteInstagramTikTokニコニコ
(C)2022 みんなの行政地図