ホーム > 裁判資料 > 脱ゴーマニズム宣言事件

脱ゴーマニズム宣言事件

「脱ゴー宣」裁判を楽しむ会Wikipedia「脱ゴーマニズム宣言事件」裁判例

東京高裁は以下のように述べ、引用の抗弁の成立を認め、著作権侵害を否定しました。「Y書籍中におけるXカットの採録は、いずれもY論説の対象を明示し、その例証、資料を提示するなどして、Y論説の理解を助けるものであり、他方、各Xカットがそれ自体完結した独立の読み物となるといった事情も存しないから、引用著作物であるY論説と被引用著作物であるXカットの間には、Y論説が主、Xカットが従という関係が成立しているものと認められる」

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

YouTubeTwitternoteInstagramTikTokニコニコ
(C)2022 みんなの行政地図