ホーム > 裁判資料 > フェアユース(米国著作権法107条)

フェアユース(米国著作権法107条)

Wikipediaフェアユースを待つだけでなく自分たちに出来ることを

米国フェアユースが重視する4つの要素

(1)利用の目的・性格

(2)使われる著作物の性質

(3)使われる部分の量・重要性

(4)オリジナル作品に対する悪影響はないか

4つ目の「オリジナル作品に対する悪影響」という要素が最も有名ですが、悪影響とは、「潜在的市場や価値を奪う」という意味で、アメリカの裁判例では重視されています。つまり、著作権はオリジナル作品の収益確保の手段なので、「オリジナル作品の売上を奪わない公正な利用は、させても良いではないか」という考え方があるわけです。

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

YouTubeTwitternoteInstagramTikTokニコニコ
(C)2022 みんなの行政地図