ホーム > 裁判資料 > Twitterスクショ事件

Twitterスクショ事件

判決文スクリーンショットによるツイート引用は著作権侵害との判決中傷ツイート「RT」が賛同とみなされ賠償命令、「いいね」もアウトになる?

【以下は判決文の一部抜粋】ツイッターの規約は,ツイッター上のコンテンツの複製,修正,これに基づく二次的著作物の作成,配信等をする場合には,ツイッターが提供するインターフェース及び手順を使用しなければならない旨規定し,ツイッターは,他人のコンテンツを引用する手順として,引用ツイートという方法を設けていることが認められる。そうすると,本件各投稿は,上記規約の規定にかかわらず,上記手順を使用することなく,スクリーンショットの方法で原告各投稿を複製した上ツイッターに掲載していることが認められる。そのため,本件各投稿は,上記規約に違反するものと認めるのが相当であり,本件各投稿において原告各投稿を引用して利用することが,公正な慣行に合致するものと認めることはできない。

争点2-1(原告各投稿の著作物性)(原告の主張)⑴原告投稿1は,原告が申し立てた発信者情報の開示を求める仮処分の結果と今後の展望について表現したものである。これは,原告という人物が有する思想と感想を創作的に表現したものであり,文芸の範囲に属する言語の著作物に当たる。⑵原告投稿2は,ツイッター上における匿名アカウントの誹謗中傷の悪質さについて表現したものである。これは,原告という人物が有する思想と感想を創作的に表現したものであり,文芸の範囲に属する言語の著作物に当たる。⑶原告投稿3及び4は,日本維新の会の支持者の態様について表現したものである。これは,原告という人物が有する思想と感想を創作的に表現したものであり,いずれも文芸の範囲に属する言語の著作物に当たる。

争点2-2(引用の成否)(被告の主張)本件各投稿は,いずれも,原告の意見に対して批評を加えるために原告各投稿を引用する形で行われており,「引用」(著作権法32条1項)に該当する余地があるから,本件各投稿により原告の著作権が侵害されたことが明白であるということはできない。なお,原告は,出典として原告各投稿のURLが明示されていないことを根拠として,「引用」には当たらない旨主張するが,原告各投稿の出所は画像自体から明らかである以上,同主張には理由がない。

原告投稿1は,「こないだ発信者情報開示した維新信者8人のログインIPとタイムスタンプが開示されたNTTドコモ2人KDDI3人ソフトバンク2人楽天モバイル1人こんな内訳だった。KDDIが3人で多数派なのがありがたい。ソフトバンクが2人いるのがウザい、しかし楽天モバイルは初めてだな。どんな対応するか?」という内容であることが認められる。上記認定事実によれば,原告投稿1は,140文字以内という文字数制限の中,発信者情報の仮の開示を求める仮処分手続を経て,著作権侵害と思われる通信に係る経由プロバイダが明らかになった事実に基づき,当該事実についての感想を口語的な言葉で端的に表現するものであって,その構成には作者である原告の工夫が見られ,また,表現内容においても作者である原告の個性が現れているということができる。そうすると,原告投稿1は,原告の思想又は感情を創作的に表現したものであり,言語の著作物(著作権法10条1号)に該当するものと認められる。(中略)小括、以上によれば,原告各投稿には,いずれも著作物性が認められる。

これに対し,被告は,引用に該当する可能性がある旨指摘するものの,その主張の内容は具体的には明らかではなく,本件各投稿の目的との関係でスクリーンショット画像を掲載しなければならないような事情その他の上記要件に該当する事実を具体的に主張立証するものではない。そうすると,被告の主張は,上記判断を左右するものとはいえない。したがって,被告の主張は,採用することができない。


今回の訴訟は「主従関係がない」とか「誹謗中傷を目的としている」等のロジックではなく「ツイッターが用意した手順を使わない利用は公正な慣行に合致しない」というロジックが採用されている。これは裁判官が「総合考慮説」を採用したといえる。つまり「YouTubeのコンテンツIDに則した映画素材の利用は公正な慣行に合致する」というロジックが導きだされる。

判決文、ほんとにそう書いてあった地裁判決。Twitterの規約に反してるか否かが、法律上の「引用」要件を満たしてるか否かになっちゃってるんだけど、なんか違わない? それ。

判決文読みましたが、なんかしっくりきませんでした。裁判官が無知というか無垢というかなんとも。規約が日本の法規を上回れるのかなぁと疑問に思いました。

つまりYouTubeの規約に反してるか否かが、法律上の「引用」要件を満たしてるか否かになっちゃうという理解でいいでしょうか?つまり「総合考慮説」の次に主流となる「SNS規約説」の爆誕ということ?どちらにしても「二要件説」は完全に死んだということだ。

著作権侵害訴訟ではなく、発信者情報開示請求訴訟の要件の一つとして著作権侵害が判断されたものです。

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

■■■■

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

●●●●

YouTubeTwitternoteInstagramTikTokニコニコ
(C)2022 みんなの行政地図