ホーム > 裁判資料 > YouTubeの「利用規約とコンテンツID」

YouTubeの「利用規約とコンテンツID」

利用規約YouTubeのしくみとは?コミュニティガイドライン非権利者の動画投稿を裏で支える技術とはミラーイメージも逃さず精度99%以上のYouTube「ビデオID」の正体とは著作権侵害によるコンテンツの削除とContentIDの申し立ての違い●●●●●●●●

Twitterスクショ事件の判決文を要約すると「ツイッターの規約に違反する方法での引用は公正な慣行に合致するものと認めることはできない」ということになります。つまり「YouTubeの規約やコンテンツIDに則した映画素材の引用は公正な慣行に合致する」というロジックが導きだされる。

YouTubeでのフェアユース

YouTubeのフェアユース保護施策。YouTubeには、著作権法に基づき権利を侵害されていると考える著作権者から動画の削除リクエストが多数寄せられています。こうしたリクエストの一部は、明らかにフェアユースに該当すると見なされる動画を対象にしていることがあります。裁判所は、著作権者が著作権侵害による削除通知を送信する前にフェアユースを検討する必要があると判断しています。そのため、多くの場合、YouTubeはフェアユースに該当するかどうかの分析を行ったかどうかを著作権者に確認しています。

フェアユースに関するよくある質問

フェアユースとは何でしょうか?

1.利用の目的と特性(その利用が、商用か非営利の教育目的かなど)。裁判所では通常、その利用が「変形的」であるかどうか、つまり、新しい表現や意味がオリジナルのコンテンツに追加されているかどうか、あるいはオリジナルのコンテンツのコピーにすぎないかどうかという点を重視します。営利目的での利用の場合、フェアユースと見なされる可能性は低くなりますが、動画を収益化の対象にしてもフェアユースと認められるケースもあります。

2.著作物の性質。主に事実に基づくコンテンツの利用は、完全なフィクション作品の利用に比べフェアユースであると認められる可能性が高くなります。

3.著作権で保護されている作品全体の利用割合と、利用部分の本質性。オリジナルの作品から引用するコンテンツがごく一部である場合は、コンテンツの大半を引用する場合に比べフェアユースであると認められる可能性が高くなります。ただし、ごく一部の利用であっても、それが作品の「本質的」な部分である場合、時としてフェアユースではないと判断されることもあります。

4.著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響。オリジナルの作品が受けるべき利益を損ねるような利用は、フェアユースであると認められる可能性が低くなります。ただし裁判所がパロディをフェアユースと認めることもあります。

YouTubeTwitternoteInstagramTikTokニコニコ
(C)2022 みんなの行政地図